일본 소설 메모 (41)   -   잡문 [雜文]

*  : 重松清시게마츠기요시)

家族せを何故自分自身勘定ってなかったんだよね。。。」

女手ひとつでてたそんな苦労りつつ反発するかって家族

った遊園地わかりし両親出会大切懸命きる々の

ありふれた風景。「親子」「夫婦のせつない日常いた傑作短編集

아홉 단편으로 된 책인데, 한편씩 잠들기 전에 읽었다. 공감 가는 것, 가슴 뭉클한 것,

옛 생각 나게 한 것 등등 읽을 만했다.

* 喫茶店 : 森沢明夫모리사와아키오)

さな先端にある喫茶店そこでは美味しいコーヒーとさんの人生

音楽選曲してくれるそのせられるようにまる

えた人人ーーらの人生そのとの出逢いと女主人言葉きく変化

しはじめるれたにやさしさがかな感動たされるしの

傑作感淚小說. 

이 작가의 소설은 3권째인데 읽을수록 재미있다. 그동안에는 잠자기 전에만 책을 읽었는데

이 책은 한낮에 들어 누워 시간 가는 줄 모르게 끝까지 읽었다.

Love or like : 石田衣良, 本田孝好

協力者のはずだった友達いつしか青年になっていた家庭教師先少年

ひょんなことからまったまだ文通相手へのときめき転校生へのない

再会した同級生への複雑。。"になるから",そしてしい

もどかしくれる男女機微今注目六人男性作家やかに珠玉

恋愛アンソロジー待望文庫化

단편집으로 시간 때우기에 적당한 읽을거리였다.

ものがたり : 藤沢周平ふじさわじゅうへい

なじみのお仕事場幸介ねてきた奉公るからもうえないと

れをげるために五年経つたら二人でまたおう」 年季けた幸介

万年橋でおつが。。。(「約束」) 々な人間日毎行江戸

舞台じられる出会いと。。市井男女喜怒哀樂表情々しい筆致

いて絶賛びた傑作時代小説

단편 시대소설 10개를 묶은, 다리를 무대로 한 서민들의 사랑 이야기인데 그런대로

재미있었다.

'잡문 [雜文]' 카테고리의 다른 글

일본 소설 메모 (42)  (0) 2018.03.12
나의 애완용품  (0) 2018.03.08
일본 소설 메모 (41)  (0) 2018.02.19
우울한 겨울 밤  (0) 2018.02.07
일본 소설 메모 (40)  (0) 2018.01.26
일본 소설 메모 (39)  (0) 2018.01.05

댓글을 달아 주세요