私の日記 その八十八    -   잡문 [雜文]/日本語

2018年1月23日

くて部屋じこもりケータイ電話もろくに使わないこのなので夜中電話

びっくりしてってみると親友からだったそうえばパソコンに新年のカードってから

ずっとご無沙汰だったのですまない先立だけに健康れないのは

どうしようもないが持病のためずっと病院通いをしたとのきながらんだ

対話普通じで安堵しつつもってた無消息喜消息じていた

自分阿保らしくてならないけの医者りに生活しながら大事にして

りの早春にでも一度逢おうとって電話ったぽかんと阿呆の

ようにっていた。。。。

 : スヒ

沈黙っても

ずっとそのるね

というには

まったく歲月れずに

歲月ずかしくて

らめてれてしまうんだ

っても

れが年取ったのをらないんだ

いつもおしゃべりする準備出来てる

対面僞善必要でない

ありのままのおいをえるんだ

愛情があってもっておく理由

しても理由いんだ

ただうは

何処でも充実するように

がうらしい

るのを記憶するよう

我等高貴なおみやげをくれたんだ

友情宿

ばたくきれいなをくれたんだ

 

+ 친구 : 홍수희

오랜 침묵을 건너고도

항상 그 자리에 있네

친구라는 이름 앞엔

도무지 세월이 흐르지 않아  

세월이 부끄러워

제 얼굴을 붉히고 숨어 버리지

나이를 먹고도

제 나이 먹은 줄을 모른다네

항상 조잘댈 준비가 되어 있지

체면도 위선도 필요가 없어

있는 그대로의 서로를 웃을 수 있지

애정이 있으되 묶어 놓을 이유가 없네

사랑하되 질투할 이유도 없네

다만 바라거니

어디에서건 너의 삶에 충실하기를

마음 허전할 때에

벗이 있음을 기억하기를

신은 우리에게 고귀한 선물을 주셨네

우정의 나뭇가지에 깃든

날갯짓 아름다운 새를 주셨네

* 一人二人  :   ヒョンマン

これだけきてみると

年老いた友一人二人

なにしてる? 飯食べよう

電話かけてくれるのが

これだけきてみると

えなかった山色

こえなかった風鈴

らかないのめて

秘蔵弟子一人二人

先生られてせです

かけてくれるのが

 

* 한 둘  :  허형만

이만큼 살다보니

함께 나이 든 친구 한 둘

뭐 하냐 밥 먹자

전화해주는 게 고맙다

이만큼 살다보니

보이지 않던 산빛도 한 둘

들리지 않던 풍경소리도 한 둘

맑은 생각 속에 자리잡아 가고

아꼈던 제자 한 둘

선생님이 계셔 행복합니다

말 건네주는 게 고맙다

'잡문 [雜文] > 日本語' 카테고리의 다른 글

私の日記 その九十   (0) 2018.03.04
私の日記 その八十九   (0) 2018.02.17
私の日記 その八十八   (0) 2018.01.23
私の日記 その八十七  (0) 2018.01.16
私の日記 その八十六  (0) 2017.12.18
私の日記 その八十五  (2) 2017.11.22

댓글을 달아 주세요