私の日記 その八十六   -   잡문 [雜文]/日本語

十二月十八日 (月曜日

朝窓けたら綿雪っていたずっといたのか大分積もりマンションの

んだ自動車になっていためながらため自分午後

大通りの薬局まで風邪薬やビタミン目薬などめにかねばならないが。。。。

でも昨夜散歩してかったなあずっともっていたのでがだるく運動不足

全身じていたので夕食後棉入りジャっケットに毛糸帽子マスクまでけて

りの大学散歩出掛けた日曜日冬休みだからか人影もほとんど

キャンパスはがらんとしていたがクリスマスいのライトりは例年じくやかだった

いつもの散歩コースをたどってきながらがママのホームページだとかいつつ

携帯電話写真さほどいキャンパスではないけれど通路はきれいにかれて

いたがっていたりいた小道につく今度まずに一回りして

ったがそれでも二千歩えたとか

はしたがコーヒーとカステラ一切れをかいオンドルにそべって推理小説

んでいたら何時一時半になっていたびっくりしていたが所為

悪夢され朝寝坊してしまった

日記書えてめたら小降りになっているやれやれ

'잡문 [雜文] > 日本語' 카테고리의 다른 글

私の日記 その八十八  (0) 2018.01.16
私の日記 その八十七  (0) 2018.01.03
私の日記 その八十六  (0) 2017.12.18
私の日記 その八十五  (2) 2017.11.22
私の日記 その八十四   (0) 2017.10.26
私の日記 その八十三  (2) 2017.09.30

댓글을 달아 주세요