私の日記 その八十五   -   잡문 [雜文]/日本語

十一月二十二日 (水曜日)

今月りわずか足下までていてうんざりだ月初日本旅行時天気

かったし体調もまあまあだったので元気良きまわったものだがってからは

れがまったもあるだろうがあちこち風邪気味毎日鬱陶しい

月毎体調チェック明後日このうら病院出掛けねばとっただけで

滅入ボディガード?!の出掛けたついでに繁華街まで出向美味しい昼食でも

してようと必要物色々チェックしているけれど。。。

中便利になったものでインターネットのコーナーでしいもの注文すれば

翌日家まで配達してくれるし毎日野菜売りトラックがれるので々とした日用野菜

容易れるわけで二人暮しには市内まで出掛ける必要などいけれども

まあ気晴らしのためだろうか繁華街りを

どうしたわけか午後になるとがだるくなりついになってしまう日差しの居間

電気毛布いてそべり文庫本くと2、3ページでうとうとするが今日

面白小説めたのでから夕食までえることにしよう

저작자 표시 비영리 동일 조건 변경 허락
신고

'잡문 [雜文] > 日本語' 카테고리의 다른 글

私の日記 その八十五  (2) 2017.11.22
私の日記 その八十四   (0) 2017.10.26
私の日記 その八十三  (2) 2017.09.30
好き嫌い  (0) 2017.09.03
私の日記 その八十二  (0) 2017.08.30
思い出に耽って。。。  (0) 2017.08.11

댓글을 달아 주세요

  1. 수안 reply | del   2017.12.03 13:07 신고
    우리 나이가 한번 과로하면 그것이 풀리기까지 참으로 오랜 시간이 걸리데요.
    아껴 쓰는 수 밖에 별 방법이 없네요.
    여전히 글도 쓰고 책도 多讀하는 친구가 있어 그저 부럽답니다.
    • yoohyun del    2017.12.03 16:23 신고
      나이도 나이지만 날씨가 싸늘해지니 몸이 버티지를 못하나봐요.
      핑계김에 따뜻한 곳 찾아 누워 책이나 읽으면서 시간을 보낸답니다.