*일본 소설 메모 (37)   -   잡문 [雜文]

*ユートピア : かなえ (미나토가나에)

地方商店街くから仏具店転勤により社宅住まいをしている

光稀そして移住してきた陶芸家・すみれしい海辺三人女性出会

自分居場所めてそれぞれの理想郷すがカバ

많은 등장인물에 이야기도 얽히고 설켜 읽기가 힘들었다. 게다가 책이 하드 커버라서

잠들기 전에 누워 읽기도 불편하고.... 이제 이런 종류의 내용은 내겐 벅차다.

事故死した運転手には二人するささやかな秘密があった...

今多コンツェルンの広報室める杉村三郎義父でありコンツェルンの会長でもある

今多義親からある依頼けたそれは会長専属運転手だった梶田伸夫娘達

についてのきたいらしいから相談にのってほしいというものだった梶田

石川町のマンション自転車ねられってくなった犯人はまだ

つかまっていない依頼けて梶田過去辿めた杉村った事実...!?

대회사 회장운전수의 죽음을 파헤치는 스토리로 추리 보다는 가족들의 이야기.

*家日和 : 奥田英朗 (오쿠다히데오)

会社突然倒産いきなり主夫になってしまったサラリーマン内職先担当

意識めた途端るようになった主婦にロハスにめた

隣人たちに困惑する作家などなど々のらしのちょっとした瞬間しだけ

るがするい隙間じたたちは。。。そこにあなたのそばにある現代

家族肖像をやさしくあったかい筆致傑作短編集

선호하는 오쿠다히데오의 단편으로, 한편 한편 재미있게 읽었다.

*配達あかずきん : 大崎梢 (오오사키고즈에)

いいよんさんわん」。。。近所老人からされたという探求書リストコミック

あさきゆめみし購入後失踪したしに女性配達したばかりの雑誌まれて

いる盜撮寫眞...ビルの六階にある書店成風堂舞台しっかり書店員杏子

いアルバイト・多絵さまざまなんでいく本邦初本格書店ミステリ

シリーズ第一弾큰 서점에서 일어나는 크고 작은 사건, 주변 상점에 잡지등을 배달하면서

다양한 의문점을 해결하는 내용의 다섯 단편집. (글씨가 작아 읽기 힘들었음)

저작자 표시 비영리 동일 조건 변경 허락
신고

'잡문 [雜文]' 카테고리의 다른 글

일본 소설 메모 (38)  (0) 2017.12.11
김장...?!  (2) 2017.12.02
*일본 소설 메모 (37)  (0) 2017.11.19
기억력 감퇴  (2) 2017.11.01
일본 소설 메모 (36)  (0) 2017.10.23
무료한 하루  (0) 2017.10.16

댓글을 달아 주세요