私の日記 その八十四    -   잡문 [雜文]/日本語

 

十月二十日(金曜日)

ずっと家に閉じこもっていて細々とした用事が貯まったので娘と久しぶりに

外出をした。簡単な仕事も一人で出来ずいちいち娘に依存する自分が情けない。

市内まで出掛けるのだから昼食は好きなものを奢るといったら久しぶりに

思い出の街へ行ってみようと娘が誘う。

中心街で大体の用事を済せ娘が引導する所へ向かったが、なんと自分が学生時代に

通った道路に導くのだった。私はすっかり変った何十年ぶりの大通りを感嘆の

声を上げながら歩いた。とても静かだった通りが細々としたいろんな店で繋がっていて,

ひときわ賑わうのは観光に来た外人等に人気があるからだろうか。

中国の娘等が韓国衣装を纏い棒につけたカメラを掲げて嬉々と写真を撮りながら闊歩し、

西洋男女等がギフトショップを覗き回っている。いつからこの広くもない

通りがこれほど観光名所になったのだろう。古い街で韓屋が多くそのまま残っていて

古宮も近くにあるからか。。。
 

さなレストランへったテーブルつに男性從業員四名午後一時過ぎだったので

私達ともう一組かな音楽れていて雰囲気若者向けの垢抜けた

二人ったハンバーグステイクも野菜サラダもって美味しかったが

のような年寄りが懇意になるではなさそうにえた

せっかくれたりなのでどれほどったか一回りしようとゆっくりした

では全然違雰囲気になったとうがには物珍しい建物家屋

コンビネーションが興味深かった

저작자 표시 비영리 동일 조건 변경 허락
신고

'잡문 [雜文] > 日本語' 카테고리의 다른 글

私の日記 その八十五  (2) 2017.11.22
私の日記 その八十四   (0) 2017.10.26
私の日記 その八十三  (2) 2017.09.30
好き嫌い  (0) 2017.09.03
私の日記 その八十二  (0) 2017.08.30
思い出に耽って。。。  (0) 2017.08.11

댓글을 달아 주세요