私の日記 その八十三   -   잡문 [雜文]/日本語

九月三十日(土曜日)
昨日久しぶりに妹から遊びに来るとの電話を受けた。さほど離れていない処に
住んでいても年に一度ほどしか行き来せず、電話もろくにかけず暮しながら
'無消息が喜消息'と勝手に決めていたのが姉としてすまない気がした。
待っているうち娘が「叔母様いらしたら昼食どうする?外で取ろうか?」と訊くので
ピザでも配達させようと答えた。
やがて現れた妹が大きなリュックサックをどんと下ろす。びっくりして眺めていると
その中からいろんな物を取り出す。眼前に近付いた「秋夕の茶礼」に挙げる果物や
餅等を求めて来たと言う。お昼用のピザセットとおにぎりまで、食卓の上がいっぱいに
なった。
「家は女だけだから名節の茶礼行わないの知ってるくせに。」とすまない気で言うと
「格式は省略して、秋夕の朝あの世の父子を偲びつつ二人で取ったらと思って。。。」
と言う。胸がじーんとした。なんと心暖かい妹だろう。
娘がいそいそと食卓を整える。皿を三つ並べ、コップにコークを注いだ。
私と妹はピザを取ったが、娘はおにぎりを三つも皿にわけて美味しい、美味しいと
つぶやきながら食べている。おにぎりは家に残っている旦那の昼食用に作るついでに
たっぷり握って持ってきたと言いながら、姪がうまそうに口へ運ぶのを微笑ましく眺める。
妹は母親似で料理が巧く、また、いやがらずに手間が掛る料理もいろいろと作っていた。
私もおにぎりを一つ口にいれて母の味を懐かしみながら、家族運には恵まれたものだと
つぶやいた。

저작자 표시 비영리 동일 조건 변경 허락
신고

'잡문 [雜文] > 日本語' 카테고리의 다른 글

私の日記 その八十三  (2) 2017.09.30
好き嫌い  (0) 2017.09.03
私の日記 その八十二  (0) 2017.08.30
思い出に耽って。。。  (0) 2017.08.11
私の日記 その八十一  (0) 2017.08.04
私の日記 その八十    (0) 2017.07.08

댓글을 달아 주세요

  1. 수안 reply | del   2017.10.05 19:14 신고
    친정 어머니같은 여동생!
    하늘은 소중한 것을 그냥 뺏어가는 법은 없다고 했던가?
    당신의 家族運에 감사의 박수를 보냅니다.
    • yoohyun del    2017.10.06 09:57 신고
      남정네가 없어 아예 차례를 안지내는데, 동생 덕에
      추석다운 하루를 보냈지요. 언니가 이렇게 한심하답니다.