九月の都都逸    -   자율학습 [自己流學習]

 
あ・ま・く・さ(天草)9/1
青い秋空  まぶしい日差し  空気きれいで  爽やかで  
足が痺れる  またかと嘆き  靴を脱ぐ母  寂しそう          
赤い唇  睫毛も長い  黒い瞳が  冴えていて 
荒い波越え  間もなく着くぞ  国へ帰った  叫ぶ人

お・は・や・し(お囃子)9/6
お国どうなる  はっきり云えよ  やがてつぶやく  知るもんか
遅く帰って  早々つまむ  焼いた草餅  シロップ付け
押えきれない  話も出来ず   闇で静かに  忍び泣く 
老いたもんだと  初めて知った  やつれ顔には  皴だらけ

ほ・う・さ・く (豊作) 9/11
星がちらほら  うっとり仰ぐ  さっとそよ風   雲流れ 
本を受取り  嬉しさあまり  サンキュウ言って  口付けし 
頬を赤らめ  頷く彼女   誘い成功   苦労した
誉めてやろうと  後ろへ回り  さらり抱くや  クク笑う 

け・い・ろ・う (敬老)  9/16 
景色優れて  いつまで見てた  ローマ浮かべる  うっとりと
ケーキ受取り  いい気になって  蝋燭灯すや  浮き浮きし  
結構易くて  一度に覚え  ロシア民謡   歌い出す
煙吐き出す  意地悪親父  炉端せしめて  疎まれる

あ・き・な・す(秋茄子)9/21
開けた小窓に  きれいな月が  中を覗いて  過ぎ通る
秋が訪れ  気持も晴れて  波を見に行く  涼しい日
兄に訊いたら  昨日の事だ  何度言わせる  凄い声
呆れ果てたよ  君等のしぐさ  涙見せても  済ませぬぞ  

し・そ・の・み (紫蘇の実)9/26 
下で仰いだ  聳えた大木  野原いっぱい  緑の葉   
知らんぷりして 側まで来ては  のほほん笑って 見つけたぞ    
叱り飛ばすと そ知らぬふりし のっそり出て行く 妙なやつ
死相見つめて その場に倒れ  喉を詰まらせ  身もだえし

 

저작자 표시 비영리 동일 조건 변경 허락
신고

'자율학습 [自己流學習]' 카테고리의 다른 글

九月の都都逸   (2) 2017.09.28
八月の都都逸   (2) 2017.08.28
七月の都都逸  (2) 2017.07.29
七月の都都逸  (2) 2016.07.29
六月の都都逸  (3) 2016.06.27
四月の都都逸  (3) 2016.04.29

댓글을 달아 주세요

  1. suean reply | del   2017.10.05 19:05 신고
    星がちらほら  うっとり仰ぐ  さっとそよ風   雲流れ
    開けた小窓に  きれいな月が  中を覗いて  過ぎ通る

    바람에 구름 흐르듯 세월은 잘도 지나가네요.
    어느새 한 해의 끝자락을 향해 달려가고
    머지 않아 달빛도 차디차게 얼어붙겠지요?

    점점 인간사가 아닌 자연의 변화 쪽으로 마음이 따라 가는군요.


    • yoohyun del    2017.10.06 18:57 신고
      늘 읽고 댓글 달아주는 고마운 친구!!
      점점 어휘 부족을 느끼면서 제대로 글이 되지 않아
      정정긍긍하면서도 치매예방이랍시고 끈기 있게 엮고 있답니다.