私の日記 その八十二   -   잡문 [雜文]/日本語

八月三十日

毎夜遅寝付くので八時ぎてきるが今朝がいやにがしいので

七時前めたけるときなトラックが二台ってろしている

かいのマンションが雨漏りするとかで屋根えるとのことで数日前から

労務者等いていたが今日新たなえると仕事わるそうだ

リビングのからその屋根丸見えなのでらのきぶりをめていたが

あちらでもちょとすとえるのではとめながらあの人達して

何時きて仕事たんだろうとうと流行言葉金匙銀匙土匙

かび苦笑したわばどれをくわえてまれるかにって人生るとうのだ

土匙をくわえてまれたばかりに低学歴勞動者にしかなれずない仕事

れている人達でもらのおかげでどんどん便利人生しめるように

なるではないかっぱらから感傷的になる

そういえば昨夜テレビで放映したベトナムパンシパンの物凄いケーブルカーを

めつつあれをるのにどれ程大勢技術者労務者苦労をしたか想像しただけで

身震いしたものだ出演する芸能人らは々としていたがめるだけではらはらし

らずりながら.......

今日はどうしたわけか全部閉めたが肌寒くて仕方がない2、3までには

エアコンをつけねばならない程暑かったのが突然こんなに気温ちるなんて。。。

半袖シャツを長袖着替それでもかないので肌着けウールシャツを

猛暑退いたのは有難いがこれではしむえずにさが急襲するのではと

らない心配までしている自分ましい

저작자 표시 비영리 동일 조건 변경 허락
신고

'잡문 [雜文] > 日本語' 카테고리의 다른 글

好き嫌い  (0) 2017.09.03
私の日記 その八十二  (0) 2017.08.30
思い出に耽って。。。  (0) 2017.08.11
私の日記 その八十一  (0) 2017.08.04
私の日記 その八十    (0) 2017.07.08
私の日記 その七十九    (0) 2017.06.13

댓글을 달아 주세요