私の日記 その七十六      -   잡문 [雜文]/日本語

きてしみやしみは結構耐えたけれどもりはえられなかったことが

結構あるそれが自分個人のことでも, 国家他人のことでも

このになってきをつめながらえている自分れでならない

ぎたくなるテレビニュースや座談プロを, それでもかずに凝視しつつ

こんなれて一生した自分れになるほどの今日このごろ

去年129国会朴槿惠大統領する彈劾訴追案可決され数日後

決着をみられるわけだが国民心腹であるべき大統領王女として君臨,

崔順實という身近二人国家権力私的利益のため濫用した

国政壟断かねて市民がキャンドルデモをなうと与党国会議員

老人共太極旗星條旗りつつ反対デモをなう。(なんで星條旗....?) 

このずかしい事件世界はどういながらめているだろうと

じらいりがこみがる

国政壟断, 政經癒着, 彈劾政権, 秘線実勢, 公務上機密漏泄など

いたくなる単語わるのも後数日わるだろうがその

きを想像しただけでまたりがこみがり溜息らずかられる

 

310裁判官8名全員一致した意見朴大統領罷免決定した

저작자 표시 비영리 동일 조건 변경 허락
신고

'잡문 [雜文] > 日本語' 카테고리의 다른 글

私の日記 その七十七  (0) 2017.04.01
私の日記 その七十六     (0) 2017.03.08
私の日記 その七十五    (0) 2017.02.20
有難い宅急便  (0) 2017.02.15
満月  (0) 2017.02.12
私の日記 その七十四   (4) 2017.02.02

댓글을 달아 주세요