私の日記 その七十五     -   잡문 [雜文]/日本語

2017220日 (月曜日)

昨日があの旅立った二周期祭事旧暦なったとのことで

兄嫁招待満一年ぶりに家族まり昼食にした

大人達去年わらなかったが二人孫娘はびっくりするほどきくなり

今年中学生になったとかじソウルにみながらもはおろか電話

ろくにけないのは無神経さが原因であろう。「無消息喜消息口癖のように

ってたし, 苦笑する

うとどうしてもかった々が二人とも小学生

すごく真夏日曜日だったそのくないして

叔父ってようとしたせないのだ

だったとってってはうとつぶやき反対側かなるとまる

をたらたらしてやっと見付けてったら叔母がびっくり仰天

になった二人つめながら

びっしょりねどれほどさったの可哀想。。」きしめたのを

もありありと

中学二年かな体育教師をバスケットボール選手候補んでくれたと

って威張りつつ報告するや兄が,

明日直ちにれよかきですぐになるくせに, りっぱなしの

バスケットボールなどやれるわけないよ真剣をしたものだ

放課後練習やってみるとちっとも面白くなくきついだけなのでめたっけ.

画像めながら心底兄しくなった

 

저작자 표시 비영리 동일 조건 변경 허락
신고

'잡문 [雜文] > 日本語' 카테고리의 다른 글

私の日記 その七十七  (0) 2017.04.01
私の日記 その七十六     (0) 2017.03.08
私の日記 その七十五    (0) 2017.02.20
有難い宅急便  (0) 2017.02.15
満月  (0) 2017.02.12
私の日記 その七十四   (4) 2017.02.02

댓글을 달아 주세요