有難い宅急便   -   잡문 [雜文]/日本語

インターネットサイトに古本屋つもあって有難くも部屋たまま

びっくりするほど値段興味をそそるめることが出来ほんとに

便利になったものだと今日もほくそみつつ十冊日本文庫本った

一昨日夕食後がネットで日本小説十五冊一応チェックしておいたとうので

そのから十冊ぶや自分わせてその注文しているのをたわけだが

くも今朝それがいたのだ本棚べながらなんか金持ちになった気分になる

何時になく勝手にチェックしていたのをつめながら

日本語讀めないくせにどうやってんだ?」くとふふっといつつ

私今ネットで日本語勉強してるの小学校4までマスターしたわそれに日本小説

翻訳本結構讀んだから作家名前ぐらいは大分知ってるしきな作家

ベストセラーをんだわけ。」 なるほど納得したっけ

ったのはくなること以前寝床のスタンドで結構讀めたものが

昨夜ページしかめず, めてってしまったのだ

るい午後など居間長椅子そべってむのが最高だがそれがままならない

ずっとじこもっているから時間有余るはずだが。。。

とにかく今讀んでいる笹沢佐保時代推理小説えることだ

저작자 표시 비영리 동일 조건 변경 허락
신고

'잡문 [雜文] > 日本語' 카테고리의 다른 글

私の日記 その七十六     (0) 2017.03.08
私の日記 その七十五    (0) 2017.02.20
有難い宅急便  (0) 2017.02.15
満月  (0) 2017.02.12
私の日記 その七十四   (4) 2017.02.02
私の日記 その七十三  (0) 2017.01.11

댓글을 달아 주세요