満月   -   잡문 [雜文]/日本語

昨日旧暦一月十五日綺麗れただったので夕飯ませ

満月ぎにりの大学散歩がてら出掛けた

冬休みでキャンパスは人影もまばらちょっともしたがんで

夜空んだきれいなまんぎつつゆっくり校内一回りする

携帯電話して写真るのをめながら,

相変わらずにはつにえるわうと

片方っていだら....がつぶやくそうしているわおうしてめた

何時息子満月ぎながらつにえるとうと

さんが青豆。。」可哀想をして自分見下ろしていた

途方もなくしかった

がりやのめ, 棉入りコートに毛糸帽子り, マスクもかけ, マフラーまで

いたが, それでも冷気総身ベンチにってたっぷり月見

したそうなかせて, 々とれた

 

十五夜ました.

 

しい姿

微笑んでいます

 

突然風

えず

めれません

저작자 표시 비영리 동일 조건 변경 허락
신고

'잡문 [雜文] > 日本語' 카테고리의 다른 글

私の日記 その七十五    (0) 2017.02.20
有難い宅急便  (0) 2017.02.15
満月  (0) 2017.02.12
私の日記 その七十四   (4) 2017.02.02
私の日記 その七十三  (0) 2017.01.11
私の日記 その七十二  (0) 2016.12.22

댓글을 달아 주세요