満月   -   잡문 [雜文]/日本語

昨日旧暦一月十五日綺麗れただったので夕飯ませ

満月ぎにりの大学散歩がてら出掛けた 

冬休みでキャンパスは人影もまばらちょっともしたがんで 

夜空んだきれいなまんぎつつゆっくり校内一回りする 

携帯電話して写真るのをめながら, 

相変わらずにはつにえるわうと 

片方っていだら....がつぶやくそうしているわとおうしてめた 

何時息子満月ぎながらつにえるとうと 

さんが青豆。。」可哀想をして自分見下ろしていた 

三冊もの村上春樹小説「1Q84」めて面白いとしっこくめてた 

途方もなくしかった 

がりやの, 棉入りコートに毛糸帽子, マスクもかけ, マフラーまで 

いたが, それでも冷気総身ベンチにってたっぷり月見 

したそうなかせて, 々といおれた 

 

十五夜ました.

 

しい姿

微笑んでいます

 

突然風

えず

めれません

'잡문 [雜文] > 日本語' 카테고리의 다른 글

私の日記 その七十五    (0) 2017.02.20
有難い宅急便  (0) 2017.02.15
満月  (0) 2017.02.12
私の日記 その七十四   (4) 2017.02.02
私の日記 その七十三  (0) 2017.01.11
私の日記 その七十二  (0) 2016.12.22

댓글을 달아 주세요