十一月の都都逸   -   자율학습 [自己流學習]/一般

ふ・え・い・す」(フエィスブックのフエィス)  11/1

気配  襟元でる  いつも  すばしこく

ふいにちゃん  笑顔うは  くぞ来月  スペインへ

ふっとんだ  越後のホテル  いやにくて  風呂

 ふらりっては  えび寿司渡  いくらめても   すぐ  

さ・け・か・す酒粕)」 11/6

晩秋  景色  風邪いたか  すする

昨夜視聴  警察ドラマ  かなりどぎつく  かった

さすが見事  健気  垣根飛のる  すんなりと

びた  けしかけながら  いた文章  だらけ 

 

じ・ょ・せ・い (女性) 11/11

時代小説  むうち  世事のことなど  々と

かった  予約部屋  いながらも    

自慢話  ようやくえて  世界広いぞ  威張

ませろ  やり  かすりに  いらいらし   

 

し・ょ・と・う(初冬) 11/16

白髪頭  よっぽど目立  になる  

  夜中小道  間違  うろうろし

ぎるな  夜道  雪日  うんざりだ

始終酔痴  んだをし  所構わず  ってる

 

む・ぎ・ま・きー麦蒔)」 11/21

こう夜空  銀河  まるでのよう  綺麗だな

むっとしている  ぎっくり  ままにけず   

無論今度  銀座って  ママのお土産  きっと 

無理わせた 銀色マフラー いてみたけど らず

 し・も・つ・きー(霜月)」 11/26

師走近付  猛烈寒波  低温  滅入

しめた今度  めずにった ついに優勝  メダル  

躾良  勿体振  つまりむは  器量良

しみがえたよ 勿論顔  かな  がかりだ

저작자 표시 비영리 동일 조건 변경 허락
신고

'자율학습 [自己流學習] > 一般' 카테고리의 다른 글

2017年初の都都逸  (2) 2017.01.28
十二月の都都逸  (2) 2016.12.29
十一月の都都逸  (2) 2016.11.27
十月の都都逸  (2) 2016.10.29
九月の都都逸  (2) 2016.09.29
[餘滴] 경주기와집慶州瓦家 : 京鄕新聞2016年9月22日  (0) 2016.09.28

댓글을 달아 주세요

  1. suean reply | del   2016.11.28 23:52 신고
    冬の気配が  襟元撫でる  いつも駆け足  すばしこく
    錆びた頭を  けしかけながら  書いた都都逸  素晴らしく

    기막히고 창피한 뉴스에서 눈을 떼지 못하고 며칠을 헤메다 보니 완전 기진맥진,
    "정말 이러려고 그 힘든 세월들을 <참을 忍자>로 살아왔던가?" 참으로 어이가 없데요.

    부디 저 아름다운 촛불의 물결을 만들던 순수했던 마음들로 해서 이 나라의 아픔이
    치유되기를 간절히 빌어봅니다.



      

    • yoohyun del    2016.11.29 20:57 신고
      정말 기막히고 창피한 사태, 뉴스 보기도 진저리가 나네요.
      돌이켜 보면 우린 참으로 끔찍한 일 많이도 겪고 살았지.

      이제 都都逸도 못하겠어. 영 단어가 떠오르니 않으니....