また届いた!   -   잡문 [雜文]/日本語

十冊日本小説昨日宅急便でまたいた注文したえがないから

らぬにしたのだろう始終背けてパソコンっていながらも

全然気かなかった数日前娘いたどんな見向きもしなかった

んでいるかとったのかなあしかし小学校年程度日本語実力でよくも

みそうなんだものだ

本棚んでひとまず写真って、「ぶのに苦労しただろうね

サンキュウがわりにうとネットでいくらでも調べるし日本小説翻訳本

なからずんでいるから自分きな作家規準にしてんだとか道理

村上春樹ってたわけだにも角田光代とか吉田修一塩野七生などの作品

につく

息子村上春樹のたいへんなファンで翻訳本にすぐめて

夜遅くまでんでいたりし日日そうえば彼等本棚春樹小説

んだが, ねじまきのクロニコルはまだ一冊しかんでないのをした

来年でも日本文化院出掛けてりのりてるか

どんどんえる本棚小説めるだけでリッチな気分になる今夜みかけの

りまでんでからることにしよう

 

저작자 표시 비영리 동일 조건 변경 허락
신고

'잡문 [雜文] > 日本語' 카테고리의 다른 글

私の日記 その七十二  (0) 2016.12.22
私の日記 その七十一  (0) 2016.12.04
また届いた!  (0) 2016.10.31
私の日記 その六十九  (2) 2016.10.20
推理小説中毒  (2) 2016.10.07
私の日記 その六十八  (2) 2016.09.21

댓글을 달아 주세요