[隨筆] 外交は踊る[7] : 崔浩中   -   번역 [飜譯]/韓日飜譯 [한일번역]

* マッカサー将軍

大統領になろうとする国務総理指名された々が自分自身又息子国民神聖義務つである兵役ませたかどうかを論議げるのをなからず戦時でなくなった心配いはずが軍隊かなかったのをさもらしげに振舞くのを阿保表象じる世間になったのがかわしいりだ

 

16革命があったたにまった軍事政府兵役ませなかった公務員全てをからした時期がある意図的忌避したり身体検査不合格したにせよ軍隊ったことのない公務員になる資格いとの単純主張げたが誰一人反旗げるとか意義提起しなかったはあの時期その主張正当だとはわなかったけれども自分兵役ませことをいにったのはかだ

 

大学って一年もならない25動乱勃發した20兵役義務ける適齢期だったソウルが共産軍占領され後退しきれなかった2收復までいわば義勇軍れてかれないようれてらす苦痛をなめたUN募集する通訳将校試験應試して合格した

大邱でたったの週間短期敎育けて陸軍中尉任官された中部戰線楊口布陣している陸軍師団配属されたまだ戰闘いていたが板門店進行している休戰会談のためか戦況激烈なかった砲弾前線戦闘参加する経験だった

 

任務部隊米国顧問団通訳をやることだった大学わった一年足らずの英語実力もが想像するぐらいのものだったのでった苦難並大抵のことではかったがそんな英語実力びるのも事実だった高等考試英語試驗かるきく役立しかも外交官生活めながらもなからずしになったじている

 

駐美大使館勤務帰国した月目UN代表部勤務發令けた海外勤務えて2ほど国内勤務した後外るのが慣例だが一年足らずでまたるという破格的人事發令それは軍事政権故可能だったことである李壽榮外務次官UN大使きながられてことにしたのだはなんか特惠けたようでやかではなかったけれども将来大使として勤務したいUN代表部くのをむわけがなかった

 

ニューヨークEmpireState Building 70めている代表部事務室勤務めてほどったある李壽榮大使にマッカーサー将軍れようった

625時期仁川上陸作戰でわが決定的役割たしたマッカーサー将軍トルーマン大統領との意見わずUN軍司令官より解任さると現役からも退いてニューヨーク・マンハッタン中心地のさる高級ホテルでかに隠居生活をしておられた

 

李壽榮大使戦争当時陸軍大領として韓国軍UN連絡將校団責任者であったのでマッカーサー将軍とは顔見知りだったしそうでなかったとしても, わがけてくれた恩人うのが道理であるとっていのだかの偉大なる将軍える栄光享受したかった

マッカーサー将軍部屋のドアをノックすると六十才ぐらいにえる丸刈りにした小柄東洋人をかがめて私達えた一目日本人であることがかった室内裝飾日本雰囲気していた

私達えるマッカーサー将軍やかながらも威厳えた容貌をしていた丁寧挨拶するった年寄りの似合わずらかくかかった

李大使挨拶国民一途尊敬心えた近況をたずねると将軍ただりし々を回想するのがしみだといつつ韓国統一たせなかったのが心残りとくのだったけてあの時自分戦略れたならば間違いなく統一されたと力強

 

マッカーサー将軍中共軍大擧戦闘加担するやこれを退ける兵力りないのを直感した韓国軍にはもう補充する余力米軍をもっとれてくるには時日よく訓練された兵力かったのだそれでしたのが台湾本土收復機会いつつ訓練ねている国府軍投入するのが最先との方策であったしかしこの意見をトルーマン大統領一言退けたこれ以上拡戰まなかったわけだ

もしも一団国府軍適期投入されたならば韓国軍UNわせて中共軍南侵ついでに彼等北朝鮮兵力鴨綠江彼方退けられたろうし韓半島統一げられたことだとべつつ老将軍しがったものだ

 

老兵なずえるのみだとの有名言葉して軍服いだマッカーサー将軍世界きなどにせずかに余生ったが韓国自由るためにられてげた米軍めとする十六国UN軍將兵達地下っていだろう

 

저작자 표시 비영리 동일 조건 변경 허락
신고

댓글을 달아 주세요

  1. suean reply | del   2016.07.18 23:12 신고
    트르만 대통령의 반대로 맥아더 장군이 물러나며 우리의 통일이 좌절되었다는 것은
    알고 있었지만, '국부군 저지'가 그 이유였다는 것은 처음 알았어요. (나만 몰랐나?)
    어떤 위협이나 반대로 가려져도 결국 역사는 그 진실을 들어낸다는 것이 감동적이네요.

    담담하게 엮어내려가는 지난 이야기가 어떤 다큐멘터리 영화보다도 진실되고 흥미롭네요.
    대단하신 남매분께 감사를 드립니다.
    • yoohyun del    2016.07.19 13:20 신고
      물론 나도 몰랐지^^
      번역하면서 그 옛날을 회상하게도 되고, 가슴에 묻고 사는
      사람들이 마구 그리워지기도 하네요
      서툴지만 읽어주는 사람 있으니 용기를 내서 계속할께요.