思いがけないプレゼント   -   잡문 [雜文]/日本語

ったそれからしさで口元がゆるんだ

ついしがた宅急便いたのだ誕生日プレゼントに

オーダーしたとのことだったいつ.....? ちっともらなかった

古本でごめんねいつつ十冊自分のはひとまず5だけめたそうだ

日本語知らないくせにどんな方法使って? くとフフッと

ネットの古本屋見付たのでいちいち作家内容めてなるべく

作家なんとかけたとか50万部以上売れたとかとの説明付きを

んだと白状するのをきながらなるほど

それでなくとも五月日本旅行めた5くしたのでそろそろ

日本文化院しに出掛けようかとっていた矢先のプレゼントだったので

なおさらしかった

調べてみると吉田修一恩田陸重松清ぐらいはってる作家だが

りは全然知らないので興味いたなによりも近頃出版された作品文庫本でも

活字きくて

このはすぐむので老眼鏡えねばならないのかと憂鬱になりながら

目薬ながら今日のようにずっと雨降はスタンドを

になってむがすぐてしまいじていると眠気がさす

 

んでいた横山秀夫じてがりテーブル本棚整理

たにべたお土産めるだけで気分かになった

'잡문 [雜文] > 日本語' 카테고리의 다른 글

私の日記 その六十七  (2) 2016.08.28
私の日記 その六十六  (2) 2016.08.06
思いがけないプレゼント  (2) 2016.07.11
私の日記、その六十五  (0) 2016.07.02
月夜の散策  (2) 2016.06.19
私の日記 その六十四  (0) 2016.06.04

댓글을 달아 주세요

  1. suean reply | del   2016.07.11 21:50 신고
    세상에나~~~!
    이런 효녀도 있네.
    예전 같으면 빨리 읽고 나도 좀 보자, 했을 텐데,
    이젠 바람에 흐르는 구름보듯이네요.
    체력이 자연스레 욕심을 내려놓게 하는군요

    다만 그런 따님 둔 것만은 여전히 부럽구먼!!


    • yoohyun del    2016.07.12 10:21 신고
      훌륭한 아드님 둘씩이나 둔 양반이 부러워하기는....
      읽고 당신이 좋아할만한 걸로 보내드리리다 ^-^