月夜の散策   -   잡문 [雜文]/日本語

夕食後カレンダーをると今日旧暦15

ようと散歩出掛けた

りの大学日曜である所為いつもより閑散学生なくキャンパスは

ひっそりとしていた建物沿って一回りしメイングラウンドも今夜二回りした

スタンドにろしたつっばるふくらはぎをみながら, たれた校門向こうの

りをめる

校舎にかかったぐと鼻唄でもいたくなったがこのがかすれて

うまくないのでそれも我慢するふっと十五夜ったんだ

満月 - 鄭浩承

になると

満月

千個河上

千個になって

んでる

 

あなたをする満月になって

千個河上

千個になって

んでいる.

 

携帶電話ったがいまいちだがせておこう

 

저작자 표시 비영리 동일 조건 변경 허락
신고

'잡문 [雜文] > 日本語' 카테고리의 다른 글

思いがけないプレゼント  (2) 2016.07.11
私の日記、その六十五  (0) 2016.07.02
月夜の散策  (2) 2016.06.19
私の日記 その六十四  (0) 2016.06.04
私の日記 その六十三  (2) 2016.04.22
久しぶりの一人旅  (3) 2016.03.13

댓글을 달아 주세요

  1. suean reply | del   2016.06.20 21:48 신고
    내 친구는 달을 정말 좋아하는 모양이다.
    달빛 아래를 거닐며 쓴 글이 유독 정감이 있는 것 보면...
    • yoohyun del    2016.06.22 14:18 신고
      누구나 달을 좋아하지 않나...?
      넓은 캠퍼스 스탠드에 앉아 올려다 보는 보름달은
      유난히 밝고 맑고 따뜻해 보인다고요^^;