私の日記 その六十四   -   잡문 [雜文]/日本語

六月三日金曜日

先月末の旅行が無理だったのか体調がなかなか戻らないので、久しぶりに

蔘鷄湯でも取ろうと、娘を誘い明洞の老舗へ出掛けた。昼食時間を外して

行ったが、それでもいた座席が無くて十分ほど待つ。名の知れた店であって、

蔘鷄湯は期待を外れず美味しかった。隣りの席で中国の観光客らしい男女が

あたり構わず声高く喋るのが耳障りだったけれども。。。

出掛けたついでに本屋によりした小説また三冊してたがわせるのは

それを全部娘んでくれたことだ作家名漢字したから

んだわけだこの頃日本小説翻訳本大分出ていて彼女よくめてんでいたので

作家名大分知っているようだ

大通りへ階段恐怖症目前地下道があるにもかかわらずくの

横断道路までようやくホテルへいたのホテルのパンが美味しいと

亡夫がずっと此処パンをんでたびながら二袋求めた

その後コーヒーショップでアイスコーヒーを飲んだが、常連のように見える側の客三名が

私の目には落ちぶれたやくざのように見えて落ち着かず早々と席を立ったっけ。

外出するとどうしても目障りな風景が多くていらいらする。家や学校で基本的な躾など

教えないのか道譲りなど一度も見たことがない。所構わず大声でしゃべり、

横断道路の真ん中で笑い転げながら止まったりする女の子達。そんな娘らの手に

コーヒーカップでもあれば、私はす速く遠退く。一度ブラウスの袖にこぼされた事が

あったのだ。だんだん嫌な世の中になる。

家に帰って貸した本を棚に並べた。うわあ、読んでない文庫本がずっと並んでる。

なんと幸なことよ!

저작자 표시 비영리 동일 조건 변경 허락
신고

'잡문 [雜文] > 日本語' 카테고리의 다른 글

私の日記、その六十五  (0) 2016.07.02
月夜の散策  (2) 2016.06.19
私の日記 その六十四  (0) 2016.06.04
私の日記 その六十三  (2) 2016.04.22
久しぶりの一人旅  (3) 2016.03.13
私の日記 その六十一  (1) 2016.03.08

댓글을 달아 주세요