[poem] 木村達也(기무라타츠야)의 시 2편   -   번역 [飜譯]/일한번역 [日韓飜譯]

雨だから
    木村達也
雨がふっているね
雨の中にじっとたたずんで
ずっと下をむいたまま
こぶしをにぎって涙をこらえていたね

どうしてこういつもいつも
雨がふるのだろう
どうしてこういつもいつも
雨ばかりなのだろう

道のまんなかにたちつくして
進むこともできずにいる

雨の音が大きすぎるから
やさしい声が聞こえない
雨でけむっているから
やさしいあなたのすがたが見えない

せになる魔法

     木村達也

れた土曜日

午後のカフェオレ

夕方のジャグジー

冒険小説

のジョギング

図書館

やさしい笑顔

---------- 

참으로 마음 훈훈하게 해주는 시인입니다.

저작자 표시 비영리 동일 조건 변경 허락
신고

댓글을 달아 주세요