私の日記 その五十八   -   잡문 [雜文]/日本語

 

十二月十一日 ()

心臓病にかかり病院通めてはや5ぎた今日定期檢診けながら

もうったといますけど医者うと

いやですから油断するとぶりすかもれませんよ

まったく月前三分間診療じだったが検診月後来年4

され, ほっとする

天気いの外温かいのでばししぶりに南大門市場

わあ大変人出! ったガイドのろにぞろぞろ大勢観光団

めさせたり露店いたりしながら一回りしてしいものをかさず

ちゃんとにいれたがけた所為れた

もうろうと二人ともへとへとになったのはかだ

昼食った食堂でのことが苦笑する午後一時ぎたのではまばら

いたいて注文えた熟年男性5がどやどやと

りのったがそれからが大変わず声高々にしゃべりだすのには

った多分親友達であろうそれにくなりかけているのか食事

しながらも大声ほんとにりたくなったほど々しかった

やがて食事がろうとするとから若者たちが数名出てきた

そのにとてもハンサムな青年がいるのを

あの眼鏡かけたろのタレント顔負けね」  

ホントだ! xそっくりよ」。

すてきな若者途端気持良くなるのはなぜきながらったっけ

 

 

'잡문 [雜文] > 日本語' 카테고리의 다른 글

私の日記 その六十  (0) 2016.02.12
私の日記 その五十九  (2) 2016.01.14
私の日記 その五十八  (0) 2015.12.12
「ドルシン」  (0) 2015.12.03
また届きました!   (0) 2015.11.19
私の日記 その五十七  (0) 2015.11.13

댓글을 달아 주세요