6月의 “都都逸”   -   자율학습 [自己流學習]/一般

시름을 잊고자 都都逸에 열중합니다만 마음이 무거워서일까요

아무리 머리를 짜도 밝은 내용은 떠오르지 않네요.

 

*あ・じ・さ・い(紫陽花)6/1

雨は止んだが  じめじめしてた  坂の細道   何時乾く

兄は天国  自分は地上  再会待ってね   逝く日まで

あれはすごいぞ  爺さん呻く  さすが珍品   伊万里焼

 

*つ・ゆ・ど・き(梅雨時) 6/6

翼広げて  ゆっくり飛んだ  何処へたどるか  気にもせず

辛い想いが  夢まで続く   泥にまみれた   気分です   

つゆが光った  葉っぱが揺れる  土器の鉢まで  きらきらし

 

*と・き・そ・う(朱鷺草)(6/11)

途方にくれた  君まで泣いて  そっぽ向いたが  うら悲しい

時が流れる  季節が変わる  そして嘆いた  運命に

鳥が囀る  きれいな響き  そよぐ木の葉  うぐいすか

 

*な・つ・ふ・く(夏服)(6/16)

名古屋恋しい  梅雨時だった  降った暴雨   靴濡れて

何を言えよう  辛さこらえて   深くため息   苦笑する

なびく黒髪  つやつやしてた  ふっと浮かんだ  クールな目

 

*か・み・な・り (雷) 6/21

鴎飛んでる  港の波止場   並ぶ見送り   両手ふる 

彼がどなった  身震いしつつ  なにが不満か   理由言え

飾った焼き物  見事なシェイプ  なぜか震えた   李朝壺

  

*紫陽花(アジサイ)6/26

足は早いと  自慢してたが   先を越されて  いらいらし

あがき苦しみ  じっくり堪えて  傘寿迎えば  息途絶え 

赤くなりつつ  自分の所為よ  さっとあやまる  いじらしさ

  

'자율학습 [自己流學習] > 一般' 카테고리의 다른 글

八月の都々逸  (0) 2013.09.08
七月の都々逸  (0) 2013.08.08
6月의 “都都逸”  (1) 2013.07.09
五月の都々逸  (1) 2013.06.08
先立った息子を偲びつつ...  (1) 2013.05.19
三月のドドイツ  (2) 2013.04.23

댓글을 달아 주세요

  1. suean reply | del   2013.07.13 23:55 신고
    그제 외출, 어제 큰 동서님 제사, 오늘 며느리 출국까지,
    연 사흘 정신 없이 보내고 몰롱한 정신으로 이제야 찾아왔네요.

    그런대로 당분간은 살아가시구려!
    더위라도 지나고 나면 차츰 주변도 밝아지겠지요.