日本における漢字音   -   자율학습 [自己流學習]/語源,俗談

【呉音 (ごおん)】
漢音の渡来以前に朝鮮半島経由で伝来した、中国南方系の字音に基づくと
いわれる音で、「男女」を「なんにょ」と読む類。
漢音を正音と呼ぶのに対して、なまった「南の音」の意で平安中期以後
呼ばれるようになったもので、仏教関係や官職名などに広く用いられた。

【漢音 (かんおん)】
奈良時代から平安初期にかけて、遣唐使・音博士や日本に渡来した中国人などに
よって伝えられた、隋・唐代の洛陽(今の河南)や長安(今の西安)など中国の
黄河中流地方の発音に基づく音。「経」「京」を「ケイ」と読む類。
平安時代には、それ以前に伝えられていた漢字音に対して、正式な漢字音の
意味で正音とも呼ばれ、多く官府や学者に用いられた。

【唐音 (とうおん)】
平安中期から江戸時代までに日本に伝来した音の総称。
平安中期の中国商人や鎌倉時代の禅僧の伝えた、唐末より宋・元初頃までの音、
江戸初期の僧隠元の伝えた明末の音、長崎の通訳の伝えた清代の音などが含まれる。
「行灯」を「アンドン」,「普請」を「フシン」と読む類。
とういん。唐宋音。

【▼宋音 (そうおん)】
宋から元初の頃までに日本に伝来した漢字音。
「行」を「アン」,「鈴」を「リン」と読む類。
一般には、唐音(とうおん)と呼ばれる

신고

댓글을 달아 주세요