「とどのつまり」   -   자율학습 [自己流學習]/語源,俗談

「とどのつまり」の「とど」는 물고기「ボラ(숭어)」를 이름.

「ボラ」は幼魚から成魚になるまでに
「オボコ」→「スバシリ」→「イナ」→「ボラ」→「トド」と、大きくなるにつれ
名前が變る。つまり、最終的に「トド」になる。そんなことから
‘途中でいろいろなことがあったが、最終的に行き着くところに行き着いた’ という意味で
「とどのつまり」といわれるようになった。

'자율학습 [自己流學習] > 語源,俗談' 카테고리의 다른 글

面白い諺 (1)  (1) 2005.10.12
とらのまき (虎の巻)  (0) 2005.08.07
梅雨(つゆ)  (2) 2005.07.12
堂々巡り  (0) 2005.05.26
立ち往生  (0) 2005.05.21
「とどのつまり」  (0) 2005.05.19

댓글을 달아 주세요