[隨筆] 外交は踊る [20] : 崔浩中   -   번역 [飜譯]/韓日飜譯 [한일번역]

.  ワシントンは第二故郷

ワシントンは第二故郷っている1958外交官最初勤務地としてそこへ赴任して二年半ごしたし1969参事官としてびそこへ三年ごした故私はワシントンを故郷えている

それほどワシントンはには人並以上愛着都市であるソウルの四季がはっきりしていて首都らしい威厳もある真夏すようなさはえられないだがこらえていると絶境れるさがれる白又桃色四葉花れるドッグウッド(Dogwood)にすごいしみをえてくれた何故そのをわがではれないのかすごく残念った

長官就任後八ぎた1989720びワシントンを訪問した申斗柄美洲局長すぎないうちに一度訪問してはとの建議れたわけだが内心願っていたことだった第二故郷外務部長官としてやかに凱旋するのをわるれなどあるわけない

申局長やかな凱旋にふさわしい日程用意周到てた前任長官共UN総会参席でニューヨークにまるってワシントンを訪問するのが常例だったわけだが場合ていたニューヨークではなくワシントンが訪問目的地でありUNとはらの関係かったのだ

わが一行はひとまずロサンゼルスにいた飛行機からりると黒色のキャデラック乗用車がターミナルでっていた防彈車入国手続きをすることもなくると警護員米国訪問ずっとえることを光栄っていますべた隨行して警護責任者業務協議をしたいと日本やヨーロッパ先進國では外務部長官でも警護官れて外国出掛けるのでもそうだろうとったようだ秘書官協議するようにとえることでやっと面目てた

朴宗相總領事官邸午餐ませた一行はサンフランシスコへったそちらの世界問題協議会World Affairs Council)演說べる週末をゆっくりごしながらワシントン入城時差調整等万全準備えることに, よりきな目的があったのだ

協議会での演說はまず1958米国大陸第一歩れたこちらでウイスキー一杯むためにすごく苦労した逸話披露した。28だったが未成年扱されたにみんなげてったものだ

演說えながらいがいまだに愛唱されている, 「I left my heart in San Franciscoという引用自分全部ではないけれども一部をここへいてことにするとべた拍手しつつんでくれた

演説えた翌日一行玄熙剛總領事自動車便かの有名Pebble Beech ゴルフった警護車先頭防彈車せた大層なおましだったにもらせずそっとくつもりだったがどうやってられたのか金興洙駐シアトル總領事がすでにそのっていた本部公報官時代られたきを気遣にはかにれた能力えている

めてれるこのゴルフ海辺めていて気色最高だったがコースがややこしいので腕前いスコアをせるのは不可能だったそれに警護員18ホールてをませるまでずっとうのがになって仕方ない贅沢どころか気重じまでしたがただもが容易経験できるわけのない素晴らしい追憶がまた出来たと自慰するしかなかった 

堂堂とワシントンへ入城したのは723だった空港には米国務部儀典官勿論のこと朴東鎭駐美大使っていたとしてはちょっと気恥かしい出会いだった朴大使じことだったろう朴長官最初外務部れたからずっと上官であったよりも寵愛した長官がらせた恩人でもあるのだ

大邱出身である朴長官盧泰愚大統領親交かった関係機会ある盧大統領長官薦擧した外務部経済問題ってたし商工次官めたので商工長官適格めていたからだろうそれが外務部長官になりいわば直属長官としてワシントンにれたのだいにまずいいをしたがそれは暫時すぐかしさがそのまずさを退てくれた

  

저작자 표시 비영리 동일 조건 변경 허락
신고

댓글을 달아 주세요

  1. suean reply | del   2017.02.24 00:15 신고
    Happy ending love story 보다 더 행복하고 즐거운 성공 스토리가
    모처럼 이 밤을 따뜻하게 해주네요.
    그 힘들었을 과정들을 어쩌면 이렇게 담담하게 풀어낼 수가 있는지~~~
    온화한 인품으로 해서 평화로운 인생을 선물 받았으리라는 생각이 드네요.
    좋은 글 고마워요!
           

私の日記 その七十五     -   잡문 [雜文]/日本語

2017220日 (月曜日)

昨日があの旅立った二周期祭事旧暦なったとのことで

兄嫁招待満一年ぶりに家族まり昼食にした

大人達去年わらなかったが二人孫娘はびっくりするほどきくなり

今年中学生になったとかじソウルにみながらもはおろか電話

ろくにけないのは無神経さが原因であろう。「無消息喜消息口癖のように

ってたし, 苦笑する

うとどうしてもかった々が二人とも小学生

すごく真夏日曜日だったそのくないして

叔父ってようとしたせないのだ

だったとってってはうとつぶやき反対側かなるとまる

をたらたらしてやっと見付けてったら叔母がびっくり仰天

になった二人つめながら

びっしょりねどれほどさったの可哀想。。」きしめたのを

もありありと

中学二年かな体育教師をバスケットボール選手候補んでくれたと

って威張りつつ報告するや

明日直ちにるんだなかきですぐになるくせに, りっぱなしの

バスケットボールなどやれるわけないよ真剣をしたものだ

放課後練習やってみるとちっとも面白くなくきついだけなのでめたっけ.

画像めながら心底兄しくなった

 

저작자 표시 비영리 동일 조건 변경 허락
신고

'잡문 [雜文] > 日本語' 카테고리의 다른 글

私の日記 その七十五    (0) 2017.02.20
有難い宅急便  (0) 2017.02.15
満月  (0) 2017.02.12
私の日記 その七十四   (4) 2017.02.02
私の日記 その七十三  (0) 2017.01.11
私の日記 その七十二  (0) 2016.12.22

댓글을 달아 주세요